[TOP] [HOME] [AGILE] [OBJECT] [PROGRAMMING] [JAVA] [LINUX] [OKINAWA] [BBS] [DIARY]

JavaTM Platform Debugger Architecture

目次

概要

アプリケーションサーバで動作している、WEBアプリケーションのデバックをリモートで行うための設定です。 WeblogicやWebSphereといったアプリケーションサーバで動作しているWEBアプリケーションのデバッグが、リモートのeclipseなどから行えます。

準備

サーバ側の設定

デバック対象のアプリケーション(アプリケーションサーバ)のJavaコマンドの引数に以下の指定を追加する。

-Xdebug -Xrunjdwp:transport=dt_socket,server=y,address=9999,suspend=n

ここでは、別マシンで起動しているアプリケーションのデバックを行うために、ソケット接続(ポート:9999)を行う指定にしてあります。

同一マシンで動作しているアプリケーションをデバックする場合は、transport=noneだけで良いと思います。

クライアント側(eclipse)の設定。

eclipseのメニュー->実行->デバッグを選択します。

[eclipse1]

表示された画面で、リモートJavaアプリケーションを選択し、左下の新規ボタンをクリックします。

表示された設定画面の接続プロパティのホストとポートを以下のように設定します。

[eclipse2]

ポートには上記サーバ側の設定でaddressに指定した値を設定します。

デバック

後は、起動構成画面のデバッグボタンをクリックすれば、サーバのJVMに接続されますので、適時ブレークポイントを設定してデバッグを行います。

注意点

リモートデバッグを行う場合、サーバにあるクラスファイルとeclipse上のソースファイルの同期が取れていないと正しく動作しません。

更新履歴

ぜひ、感想をお送りください

あなたのご意見・感想をお送りください。

あなたの名前: メール:
(お名前・メールは、いずれも未記入でかまいません)

今年は西暦何年ですか?

何かの理由でうまく送れない場合にはメール でお願いします。