FrontPage  Index  Search  Changes  Login

(Linux)vnc

xinetd経由での接続

vncserverの書き換え

$defaultXStartupの内容を以下のように書き換える。

$defaultXStartup
    = ("#!/bin/sh\n\n".
       "[ -r \$HOME/.Xresources ] && xrdb \$HOME/.Xresources\n".
       "LANG=ja_JP.eucJP\n".
       "export LANG\n".
       "xsetroot -solid grey\n".
       "kinput2 -canna&\n".
       "export XMODIFIERS=\"@im=kinput2\"\n".
       "exec gnome-session &\n");

/etc/services

以下の行を追加

vnc    5950/tcp    #vnc

/etc/xinet.d/vcn

/etc/xinet.dにファイル名vcnを作成し以下の内容を記述

service vnc
{
        disable = no
        id                      = vnc
        flags                   = REUSE
        socket_type             = stream
        wait                    = no
        user                    = nobody
        server                  = /usr/bin/Xvnc
        server_args             = -inetd -query localhost -once -geometry 1024x768 -depth 16
        log_on_succuess         += DURATION USERID
        log_on_failure          += USERID
}

chkconfig

xinetdでのvncを有効にするためにchkconfig vnc onを実行。

chkconfig vnc on

xinetd再起動

/etc/inet.d/xinetd restartを実行してxinetdを再起動する。

/etc/inet.d/xinetd restart

gdmの設定

vncでのグラフィカルログインを有効にするために/etc/X11/gdm/gdm.confの該当箇所を以下のように変更。

[daemon]
KillInitClients=false
[xdmcp]
Enable=true

VNCクライアントからの接続

VNCクライアントからはIPアドレス:ポート番号の下二桁で接続する

192.168.1.X:50

日本語入力について

[ctrl]+[shift]+[space]で日本語可能に。

[shift]+[space]で日本語入力(通常のkinput2)する方法が分からない。(; ;)

Last modified:2004/07/09 16:44:59
Keyword(s):
References: